>

身体を回復させるために

最も疲れを癒せる時間帯を知ろう

夜の10時から、2時の間が疲れを回復できる時間帯です。
その時間に起きていると、疲れを回復できないのできちんと眠ってください。
疲れだけではなく、お肌のターンオーバーが活性化するのもこの時間帯になります。
疲れが溜まるとお肌もボロボロになるので、美しくはなりません。
お肌の悩みを解消できるよう、夜の10時には眠りましょう。

仕事で遅くなって、寝る時間が10時を過ぎてしまうかもしれません。
神経質になりすぎるのはよくないので、早めに寝る意識を持ってください。
遅く帰ってきたら、すぐお風呂に入って就寝してください。
ダラダラとスマホを操作したり、テレビを見たりするのはおすすめできません。
正しい時間に寝ていれば、疲れを解消できます。

昼夜逆転する生活

夜に起きて、昼に眠っている生活はやめてください。
体内時計が狂うので、病気になりやすくなってしまいます。
これまで昼夜逆転の生活が続いていた人は、そこから改善してください。
若い頃は、多少生活が不規則でも問題がなかったかもしれません。
ですが高齢になってから、身体に影響を与えます。
すぐ病気になったり、脳が働かなくなるので仕事を進めることができません。

若い時から規則正しい生活を意識していれば、高齢になってからも健康的に過ごせます。
また、疲れた時は仕事が残っていても休むことを守ってください。
疲れた状態で作業しても、作業スピードが遅くなります。
身体を回復させてから再び取り組んだ方が、効率よく作業が進むでしょう。


この記事をシェアする