>

続けられる方法を探そう

歩く習慣を身につけよう

毎日自宅から近い電車やバスに乗って、会社内の移動はエレベーターを使っている人が多いのではないでしょうか。
楽ですが、足を使わないと次第に衰えてしまいます。
すると病気を発症しやすくなりますが、毎日使っていれば、高齢になってからも丈夫な足腰を維持できるので、普段からあるくことを心がけましょう。

自宅から少し離れた駅やバス停を使うのがおすすめの方法です。
わずかな距離ですが、普段より身体を動かすことができます。
この時間に運動しようと時間を決めても、達成できないかもしれません。
それよりも会社へ行く前に運動できないか考えることで、必ず達成できます。
自宅から離れた駅を使うことで、交通費の削減にも効果を発揮できます。

ストレッチで身体を伸ばそう

お風呂上りは、ストレッチをしましょう。
身体が温まっているので、筋肉をほぐしやすいです。
ずっと仕事をしていると、筋肉が固くなってしまいます。
ケガや病気を引き起こす原因になるので、毎日ストレッチをしてほぐしてください。
ストレッチは、新陳代謝が高まるメリットも得られます。
ゆっくり身体を伸ばして、呼吸を整えてください。

この時に深呼吸をすることで、精神も落ち着きます。
たくさんの仕事をしていると忙しくて、肉体よりも精神に疲れが溜まってしまう人が多く見られます。
ストレッチの時間に、精神的な疲れも癒してください。
疲れを放っておくと、うつ病などの病気を発症しやすくなります。
若い人も発症するので、年齢に油断しないでください。


この記事をシェアする