こんな使い方も?レンタルスペース活用術

レンタルスペースってどんな設備?

仕事の打合せやミーティングで使われている会議室ですが、いつから使われるようになったのでしょうか?
会合は人類が文明を持ち始める前から行われてきたもので、会議室は人類の歴史と同じくらい深いといえます。
人が集まって会合をすればそこが会議室となります。
しかし会議に集中する為にはただ部屋を用意すれば良い訳ではありません。

会議室は大きく分けて3種類あり、最もポピュラーなのがスタンダードタイプです。
10名以内の小規模なタイプで部屋の真ん中にデスク・チェアを置きます。
近年ではテレビ会議を使うので、その機材が備え付けられているケースもあるでしょう。大人数で会議をする場合はセミナールームタイプがあります。
研修やプレゼンなどに集中できるようスクリーンなどの機材があります。
全てのチェアが同じ向きなので自然と集中できるようになっています。
レイアウトがある程度自由に作れるので、会議に合わせて柔軟な対応ができます。
展示会や商談会に使われるのがカンファレンスルームタイプです。
ディスカッションがしやすい様にチェアが丸くなっていて、専門的な機材を置くスペースがあります。
ケースに合わせて会議室を選択すればスムーズに会議が進むのはもちろんですが、効率的に行えるのもメリットの一つです。

そんな様々なカタチを持っている会議室は、レンタルスペースでも行われています。
またそのレンタルスペースも私達のニーズによって、カタチを変化させつつあります。

効率的な会議を行う

みなさんはレンタルスペースを利用した事がありますか? レンタルスペースは貸会議室と呼ばれる事もある設備ですが、実はビジネスマン以外からも利用されています。 まずはレンタルスペースの概要や、基本的な設備について理解し何に活用できるのか考えてみませんか?

いろいろ使えるレンタルスペース

ビジネス目的のレンタルスペースもそうですが、規約を守っていれば使い方は自由。 迷惑になるのは絶対にNGですが、ルールを守って楽しく使ってみませんか? 実際のレンタルスペース活用術をいくつか公開しているので、参考にしてみて下さい。 初めて使う方も必見です。

どんな設備があるのか?

いくらレンタルスペースが広くても、使える設備が全くないと意味がありませんし金銭の無駄になります。 多くの方から人気を得ている設備はもちろんの事、初心者が活用しやすい設備も公開しています。 注意点を含め、レンタルスペース契約時に役立つ情報を公開しています。